借りては返すという借金返済地獄に

借りては返すという借金返済地獄に

当たり前のことかもしれないのですが、借金というのは本当に恐ろしいものです。
なにが恐ろしいかといって、一番恐ろしいのは借りる本人にその自覚がなくなってしまうところです。

 

僕は前に借金を次々と重ねていき、借金返済地獄と呼ぶにふさわしい生活を送っていました。

 

最初のうちこそ、借金をすることにためらいもあったり、罪悪感を感じたりもするのですが、じきにそれは消え失せ途中からはほとんど借金をしているという自覚がなくなってくるのです。

 

さらにそれによって徐々に返済が苦しくなってくると、今度はその返済のために借金をするというもっとも愚かなことまでしてしまったのです。
その時も自分の中でどこかに、これはヤバイという認識もあるんですが、やはりその自覚が少なく自分のお金で返しているかのように、借金をして返済にあてつづけていたのです。

 

そんな生活が続くわけもなく、それからまもなく僕は債務整理をする羽目になってしまいました。

 

弁護士さんに相談し、債務整理を勧められその説明を受けているとようやく僕は我に返ったかのように、自分がしてきたことを理解し、恐ろしくなりました。

 

なんとか債務整理のおかげで今は完済することができましたが、もう二度と借金には手を出したくありません。

 

利用するときには十分注意してください。